素敵な悪夢払いアイテム

ガラスのドリームキャッチャー

鮮やかな黄色のドリームキャッチャーです。

ドリームキャッチャーはもともと、インディアンが子供の枕元や窓辺に掛けておき、中心にある蜘蛛の巣のような網に悪夢を引っ掛けて、取り払うために使われるものだそうです。

一般によく見かけるドリームキャッチャーには、下に鳥の羽が付いていますが、私のドリームキャッチャーには貝が付いています。静岡の海岸でみつけた、鳥の羽根の様にも見える貝をぶら下げています。

窓辺に飾れば、ドリームキャッチャーとして使いながら、サンキャッチャーとして楽しめる一品なのです。

吊り下げる紐部分は、本皮を編んで紐にしました。革のお陰で、なんとなくナチュラル感+貫禄ある印象になった気がします☆東急ハンズのハンズギャラリーマーケットでもチェックしてみてください。


昨夜のできごとなのですが、
皆が寝静まった深夜に、突然悲鳴が聞こえました! 『キャーッ!!』

ま、母なのですが(^.^;
恐い夢を見たそうです。たまにあるのです・・・。

母のように、悪夢を見がちな方は、是非ドリームキャッチャーをお使いください。なんて(*^^*)

アトリエ見学・体験教室のご予約/お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *